カルティエとは

カルティエといえば時計やジュエリーで有名です。ブライダル用のリングを購入する有名人も多く、世界的に人気があるブランドです。歴史は古く1847年にルイ・フワンソワ・カルティエが、師匠のアドルフ・ピカールからモントルゲイユのアトリエを譲り受けカルティエがスタートしました。創業初期にはすでにフランスの貴族の御用達となっていましたが、ナポレオン3世の妃ユゥジェニー皇后がオーダーしたことにより、王族の御用達ブランドとして認められるブランドとなりました。これが最初の人気ブランドのきっかけとなるのかもしれません。モナコ公国妃グレース・ケリーやエドワード7世の王妃であったアレクサンドラ妃等、愛用する有名人は数えきれません。カルティエの魅力は徹底的にこだわり抜かれた宝石を使用していることです。伝統に甘んじることなくデザインは時代の流れを取り入れ、新しい素材を取り入れるなど日々革新しています。その昔ジャン・コクトーがトリニティのリングを一本の指に二つはめる付け方を提案し、社交界でトリニティが流行したことがありました。現代でもリバイバルヒットし、多くの人が身に着けました。時代を問わず愛されるジュエリーを生み出しています。最近では安室奈美恵が結婚会見でLOVEリングを身に着けたことにより、一躍世間に知れ渡りヒット商品となったことを覚えている方も多いのではないでしょうか。王族だけではなく、愛用している有名人も多いです。時計については、俳優の舘ひろしがパシャシータイマークロノグラフ、関口宏がサントスオクタゴンボーイズ、アナウンサーの小川彩佳がサントスドゥモアゼルを愛用しています。知識人だけではなく、お笑い芸人のカンニング竹山はタンクMC、ハイヒールモモコはバロンブルードゥを使用しています。王族から知識人、お笑い芸人から一般人まで虜にする魅力を持っているのがカルティエです。自分の代だけではなく親から子へ、子から孫へと世代を超えて引き継いでいくことができる素晴らしいブランドです。思い出に残る時計やジュエリーを購入したい方は、アフターケアについて心配する必要はありません。トラブルが起きた場合は修理してもらうことができ、時計のベルトが古くなった場合は交換してもらうことができます。安心して購入することができるのではないでしょうか。伝統があるブランドであるからこそ、いつでも修理をお願いできるという安心感を得ることがでます。    


Copyright(c) 2017 カルティエ百貨 All Rights Reserved.