カルティエの歴史

カルティエは高級時計を始めとして、指輪やアクセサリーなどジュエリーにも強く、幅広い活動から多くのセレブに絶大な支持を得ています。その歴史は1847年に宝石細工師であるルイ=フランソワ・カルティエが、フランスはパリのモントルグイユ通りにある、師の工房を受け継いだことから始まります。当初は自身の仕事である宝石を中心にして仕事を受け、王侯貴族の御用達としても人気を博していました。イギリス国王のエドワード7世に「宝石商の王」とも言われ、華やかな繁栄を謳歌していました。転機が訪れるのは1904年、友人であるサントス・デュモンに腕時計を製作したことがきっかけとなり、本格的に腕時計を開発するようになります。この時に作成された腕時計はサントスウォッチで、カルティエでは代表的なモデルとなっています。当時は懐中時計が主流で、腕時計はブレスレット程度の扱いでしたが、初めて製作されたサントスウォッチは無骨なデザインを廃して、おしゃれなアクセサリに変わっていたのです。これにより携帯性や実用性が認められ、カルティエで初めて量産型腕時計が発売されることになります。その後はサントスウォッチの販売が軌道に乗り、高級腕時計ブランドとして評価されると、1917年にはいまでも熱狂的なファンの多いタンク・ウォッチが開発されます。ルノー製戦車から着想を得たこの腕時計は、シンプルかつエレガントなデザインで、世界各国のセレブを魅了することに成功します。もちろん腕時計だけでなく、ジュエリーにアクセサリーブランドとしても人気が高く、常に世界中の人を魅了しているのです。


Copyright(c) 2017 カルティエ百貨 All Rights Reserved.