カルティエ

カルティエのモデル紹介

カルティエの腕時計には、他社の腕時計と比べて付けられている名前に特徴があり、また魅力の一つとなっています。 そそして、その時計に付けられた名前は、その時計を所持する人に想像力と何を意味するのかを知る知識を求めています。 タンクフランセーズやタンクアメリカンが意味するものは文字通りタンクです。

カルティエ タンクフランセーズ買取実績

この時計に付けられている名前は日本語にすると戦車になりますが、この時計の実物を見てもこれが戦車をイメージしていものと気がつく人はあまりいません。 しかし、所持する人が想像力や持てる知識を使いこの時計と戦車との接点を見出した場合、そういうことだったのか、と感心してしまうはずです。
このようにカルティエの腕時計は、ただ所持するだけではなく時計の名前に付けられている意味を理解することで、今まで以上にカルティエを魅力的に感じることができるのです。 ロングセラーモデルのタンクは、戦車に着目してデザインをされています。
しかし、このタンクは戦車そのものをイメージして名前が付けられたのではなく、戦車が道を入って行き、その道に残っている戦車のキャタピラの跡をイメージしてこのデザインが生み出されたのです。 タンクと聞くと力強いイメージになり男性用になりがちですが、タンクの気品のあるデザインは男性が所有しても、女性が身に付けても全く違和感を感じさせないモデルに仕上げられています。 この気品あるデザインのため、人気のあるカルティエの腕時計の中でも、トップグループを形成する人気を誇っています。
このタンクのモデルには、マストタンク、タンクソロ、タンクフランセーズ、タンクアメリカンなどのモデルがあります。 パシャは、モロッコの中央都市のパシャから付けられた名前で、名前の由来からカルティエの歴史の深さを感じ取ることができます。
このパシャはサイズやデザインの種類が大変多く、このパシャシリーズへの思い入れが感じられます。 数多くあったパシャのシリーズは女性用のミスパシャしか現在は生産をされていませんが、カルティエの中古市場では現在でも大変な人気のあるモデルです。

カルティエ買取はRASIN

サントスは、ブラジル人飛行士が依頼して作られたモデルで、人の名前から付けられているものです。昔は、軍用や一部の人にしか持てない宝飾用にしか腕時計はありませんでしたが、このサントスは腕時計初の実用品として認識されたモデルです。このシリーズには、サントスベルガやサントス100、サントスドュモワゼルなどがラインナップされています。バロンブルーは、定番化した人気のあるモデルで、パシャと同じように登場してから現在まで人気モデルとしてその地位を築いているもです。バロンブルーの柔らかい流線型のフォルムやドーム型をしたガラス風防やリューズがケースと一体化しているデザインは多くの人の心をとらえ、人気を得ています。従来の雰囲気に慣れている人たちの心をしっかりと掴んでいるモデルです。カリブルドゥカルティエは、以前は他社製のムーヴメントを使用していましたが、自社製のムーヴメントを採用する足掛かりとなったモデルです。特徴としては、このモデルは男性専用のモデルになっているところです。パンテールは、ヒョウを意味しているモデルで、ヒョウはブランドのイメージとしても大切に扱っているものです。1914年にジュエリーとして登場し、その存在としなやかさは女性の心をしっかりと捉えることは間違いありません。ベニュワールは、西洋の浴槽を意味し、丸みのある浴槽のようなデザインが特徴となっています。ロードスターは、簡素な馬車を意味しているものです。貴婦人を意味するラドーニャは、爬虫類のイメージを持つモデルです。イマリアは、ギリシャ神話ゼウスの寵愛を受けていた精霊であるイマリアが名前の由来となっているモデルで、精霊を感じるようなデザインをしているモデルとなっています。これらのモデル以外のも数多くの魅力的なモデルが数多くあり、その独創的な名前の付け方は、芸術的をしか言いようが無いものになっています。名前だけでは、そのモデルの名前の持つ由来の全てを知ることは困難ですが、名前の由来を知った後で、デザインを見ると納得できるものに仕上がっています。一般的に、時計にとって重要なことはデザインですが、ここに紹介した腕時計の多くは、そのモデルに付けられている名前にまで見るところがあり、楽しさがあるものに仕上がっているのです。それぞれのモデルの名前は、細部にまでこだわって作り上げた腕時計だからこそ付けることができたのです。ここの腕時計は業界随一のもので、それは独創的なデザインとネーミングから来ているものです。これらの個性的であり光り輝く普遍的な美しさへの追及により、傑作と称される腕時計が数多く生み出されたのです。これらの腕時計はジュエラーの気質を十分いに持ち合わせているからこそ生み出されたものであると言えます。

カルティエサントスの買取実績


Copyright(c) 2017 カルティエ百貨 All Rights Reserved.